【インスタ映え】芸術、可愛すぎるお酒!会員制カクテルバー「CRAFT COCKTAIL」行ってみた。

 

どうも~!!ゆっき(@yukie_takamura)です。

 

目、鼻、耳、触覚で楽しめるカクテルがあるって知ってますか??

f:id:yukki_tkmr:20190614210123j:plain

https://craftcocktail.jp/

 

そう、それは...「進化系創作カクテル」

 

わたしは、五感フルでお酒を楽しめるお店があると知った瞬間にググりまくりました笑

 

限りなく芸術に近いカクテルを提供してくれるのは会員制バーCRAFT COCKTAIL

f:id:yukki_tkmr:20190614205930p:plain


craftcocktail.jp

 

会員制という言葉、見えないものほど余計に気になる。即応募!会員権が当たることを祈り1ヶ月待ったところ...

 

「当選した!!ウェイ!^q^」

 

ということでCRAFT COCKTAILに行ってみた感想を書いていきたいと思います。

 

 

入り口にはシンプルな看板が立っていた

 

f:id:yukki_tkmr:20190614210005j:plain

住所は公開されていませんが、新宿駅にあります。営業時間は1721時。わたしは18時ごろに行ったのですが、平日ということもあり混んではいませんでした。

 

「うしっ!飲んで食うぞ~」
という場所ではないので、夕飯食べてからお客さんが来るのかなと思いました。

 

もちろんソーセージなどのおつまみメニューはありました!

 

店内は結構暗めです。各席にキャンドルランプが置いてあるので、雰囲気満点💯デートに来るのもいいし、友達と楽しみに来るのもありです!

 

わいわい楽しむよりは、しっとりと目の前に広がるアートを楽しむといった感じでした。

 

今回は5種類の面白いカクテルをオーダーしてきた!

 

まず一品目は、「アヒルの湖」

f:id:yukki_tkmr:20190614210032j:plain

 

真っ青に透き通るカクテルの上にアヒルがプカプカと浮かんでいる。

 

こんなオシャレな湖を遊水するアヒル、この世界に存在するだろうか?恍惚とした表情で浮かんでいる。

 

湖の下には、グラスを支えているのか。手下らしきアヒルも配列してある。

f:id:yukki_tkmr:20190614225223j:plain

 

肝心なカクテルの味は、マスカットと青リンゴの甘みが口の中でふわっと広がる。そこまで甘すぎず、ほどよい酸味があってスッキリと飲みやすい。お酒が苦手な人にもオススメできる「定番メニュー」!

f:id:yukki_tkmr:20190614225400j:plain

 

二品目は、「発芽byグラノーラ

 

f:id:yukki_tkmr:20190614225310j:plain

このゾウさんのジョウロ、見覚えがあるぞ!幼稚園年長さんの時に、地元の公園の砂遊びで使っていたジョウロだ 。懐かしすぎて思わず「エモい」といってしまった。

 

その隣には、発芽させるための土台となる土(グラノーラ)がグラスに撒いてある。少し中央からは芽が顔を覗かせている。スコップと思しきスプーンも添えられている。

 

ジョウロの中のカクテルをグラノーラに注ぐ。すると、真っ白な甘い香りのカクテルがグラノーラに一気に染み込んでいく。それと同時に、芽が一気に伸びてきた。面白い!スコップ型のスプーンで土を耕すようにカクテルとグラノーラを混ぜる。

f:id:yukki_tkmr:20190614225607j:plain

耕している最中、グラノーラは静かに発芽した芽をのみ込んでいった。グラノーラという響きが好きで、つい何度も固有名詞を出してしまう。

f:id:yukki_tkmr:20190614225626j:plain

(注ぐのが下手すぎて溢れている図⬆️)

 

サクっとした食感に、とにかく濃厚なミルクリキュールが追い打ちをかけてくる。紅茶の風味も後からついてくる。見た目とは異なり、大人な味わいだ。遊び心満載で、クスッと笑ってしまうようなカクテルだった。

 

三品目は、「どうしても名前を思い出せない」。これはカクテル名ではない。リアルに名前を思い出すことができないのだ。でも、とにかく煙に包まれてる。

f:id:yukki_tkmr:20190614225758j:plain

 

青ベースのカクテルにドライアイスの煙がもくもくと漂い続けている。ミステリアスな雰囲気で、思わず見入ってしまう。

f:id:yukki_tkmr:20190614225906j:plain

 

ブルーキュラソーがベースで、お酒の味がしっかりしている。とにかく、名前が思い出せないほどミステリアスなカクテルってわけだ。ドライアイスの煙を暗闇の中で見ていると、心が落ち着くヒーリング効果があるのか「なんか、ありがとう」ってなった。

 

四品目は、ホッピングシネマ」

f:id:yukki_tkmr:20190614225945j:plain

 

映画配給会社に勤めるほどの大の映画好きには堪らないカクテル!インスタ映え必見!


これって飲み物なの?と疑ってしまうような見た目の可愛いカクテルだ。映画観賞しながらこんなカクテルが飲めたら最高だな~と思いながら早速、食レポだ!

f:id:yukki_tkmr:20190614230019j:plain

 

キャラメルポップコーンの下には、バニラフレーバーのラム酒発見!なんとこのカクテル、キャラメルポップコーンを一晩寝かせているそうだ。キャラメルのほろ苦い香りと混ざり合う。

カクテルより先に、ラム酒が染み込んだキャラメルポップコーンが美味しくて秒で完食した。美味しい。映画館とコラボしてぜひ販売してほしい。絶対バズること間違いないと思う。

 

最後!五品目は「お手元に茶室(“煎じる”カクテル)」

f:id:yukki_tkmr:20190614230114j:plain

 

名前の通り、道教室に来たような感覚を味わえるカクテルだ。そう、自らお茶を煎じるのだ。

使われているお酒も日本酒だったりと和を重んじている。

急須の中のカクテルを注ぎ、お好みで抹茶の粉を投入する。そして本格的な道具を使ってゆっくりとかき混ぜる。


ちなみにこの道具は、「茶せん」と呼ぶらしい。全く知識がないわたしでも、ここでは茶を煎じることができるので安心してほしい。

f:id:yukki_tkmr:20190614230225j:plain

味わいは「抹茶」だ。お酒というよりも、抹茶だった。抹茶ミルクに近い甘い風味がぱぁ~っと広がり、その後にお酒と苦味が口の中に広がる。

f:id:yukki_tkmr:20190614230251j:plain

カルーアミルクに近い感覚で飲みやすく、女子ウケしそうだ。洋風な室内で和を楽しむという不思議な体験ができた。

 

f:id:yukki_tkmr:20190614230315j:plain


こんな感じでCRAFT COCKTAILは、これまで飲んだことのないようなカクテルがたくさん用意されている。お酒とエンタテイメントの融合だ!まだまだ面白い仕掛けがしてあったりフォトジェニックなカクテルがまだまだあるので、最終的には制覇したいと思う。

 

一人が会員権を持っていれば同行することも可能なので、友達やカップルで申請してみるのもあり。インスタグラマー目指しているのなら、行かない選択肢はない!

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

 

以上、鬼ごろしを抱えて呑めるほどお酒が強いゆっきでした。