【世界最恐の無法地帯!】「電脳九龍城(クーロン城)」はスラム街再現度100%のゲーセン。カオスな18禁スポット、ウェアハウス川崎店

 

どうも~!!ゆっき(@yukie_takamura)です。

 

みなさん、「九龍城(クーロン城)」ってご存知ですか?

 

f:id:yukki_tkmr:20190608135358j:plain

https://www.businessinsider.jp/post-1652

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』スワロウテイルの元ネタにもなっている伝説のスラム街と呼ばれた場所。廃墟マニアは御用達!

スワロウテイル

スワロウテイル

 

 

実際、香港で1944年に取り壊されるまで実在したスポットです。超巨大スラム街で、犯罪(売春・薬・違法取引)など日常茶飯事で警察も関与できなかったエリア。

 

外観は荒廃しきっていて、わずか東京ドームの半分ほどのエリアに5万人が住んでいた高人口密度地区。中は迷路のように複雑、ゴミが溢れ人も倒れ、天井には無数の電線。そして吊るされる洗濯物。映画やSFで見るような世界観が実際に存在していたのです。


f:id:yukki_tkmr:20190608133014j:plain


「そんなエリアを完全再現したゲームセンター、しかも18禁ってなんだよ!?」

 

ということで早速、現地にやってまいりました!

 

立ち並ぶビルの中に見るからにボロボロな外観のウェアハウス川崎を発見。

 

f:id:yukki_tkmr:20190608132548j:plain

https://www.enjoytokyo.jp/date/detail/1451/

 

この建物だけ、異様なボロさで周囲を圧倒している。

 

今回は、駐車場からインしたので裏口から潜入することに。「落ち着きを放った大人の空間にしたい」という店主の思いがあり、18になっているようだ。

 

ちなみに通常は撮影禁止ということだが、今回はスタッフさんに確認したら個人利用ならOKということで、許可を取ることに成功した!ありがとうございます。

 

入り口は、勾玉が2つ合わさったような扉がずっしりと身構えている。

 

f:id:yukki_tkmr:20190608135227j:plain



近づくと扉が開いた。その先の光景を見て思わず足を止めた。


「ここは、ガチだ」

f:id:yukki_tkmr:20190608132647j:plain



怪しい緑色に光る水面が一体に広がる。通路と思しき石を通る。

f:id:yukki_tkmr:20190608132725j:plain



「歩きスマホしていて携帯落とす人絶対いるやろ」

f:id:yukki_tkmr:20190608132751j:plain

 

と思いながら慎重に超えていく。龍の口からはマーライオンの如く水が流れ続ける。

 

そこを超えると・・・

 

f:id:yukki_tkmr:20190608135218j:plain

f:id:yukki_tkmr:20190608135222j:plain
 

90年代に取り壊されたはずの伝説のスラム街「九龍城(クーロン城)」がそこには確かに存在した。実際に行ったことがあるのはインド人のスラム街だけだが、確実に存在したのだ。

 

f:id:yukki_tkmr:20190608133737p:plain



薄暗い辺り一帯を照らすネオンの看板。錆びれた天井や壁。壁には中国語で文字が刻まれていたり、広告がびっしりと貼られている。

 

f:id:yukki_tkmr:20190608135214j:plain

 

「た、助けれくれ・・・っ!!狙われているんだッ・・・」と向かいから今にも誰かが血まみれで走ってきそうな雰囲気。

 

f:id:yukki_tkmr:20190608133828p:plain

 

もちろん自分で再現してみることにした(笑)

 

茶番は置いておいて、窓ガラス越しにエッチな光景が飛び込んできた。

 

f:id:yukki_tkmr:20190608135231j:plain
 

カーテンも何もないので丸見えの部屋には色白の女性がはだけた下着姿で寝そべっている。マネキンではあるが、釣りやがってこの野郎と怒らないでくれ。

 

エスカレーターを上った先には・・・

 

「九龍城(クーロン城)」のメインストリートに!

 

f:id:yukki_tkmr:20190608135206j:plain

f:id:yukki_tkmr:20190608132848j:plain

 

お分かりいただけただろうか?如何に凄いかということを。

 

怪しげな肉が売られている屋台も発見した。店主は現在不在中のようだ。

f:id:yukki_tkmr:20190608133634p:plain


自動販売機も中身以外はボロボロ、両替機もボロボロ
。一切手を抜いていないところからも本気度を感じる。

f:id:yukki_tkmr:20190608133745p:plain
 

みなさん、お忘れじゃないと思いますが、ここはゲーセンです。そう、ゲーセンなのです。フロアにはレトロなゲームが広がっている。ノスタルジックな気持ちが高まる。

 

握力を測定できるゲームを発見、こんなゲームがあるのかと感心。

 

f:id:yukki_tkmr:20190608133809p:plain

実は、わたし体力測定いつもビリレベルの運動音痴。そして握力は毎回20いかず最低点数を叩き出していたツワモノだ(自分で言うかw)。

 

数億年ぶりにトライしてみることに。

 

f:id:yukki_tkmr:20190608133659p:plain


「 右
43 47 」

 

ゴリラやーーーーーん!

 

f:id:yukki_tkmr:20190608133834p:plain

 

この10年間くらいで何があったのだろう?天性のゴリラだったのかもしれない。開花するのが遅かったのだろう。

 

そして反対側にはずらりと並ぶUFOキャッチャーエリア。ちなみにUFOキャッチャーにはいい思い出が何1つない。散財して泣いた記憶だけだ。

 

f:id:yukki_tkmr:20190608133651p:plain

 

しかし「初心者にもおすすめ!高確率ゲット!」というポップを発見。軽く当てるだけでゲットできると強く宣伝されている。

 

「わたしは信じない、甘い誘惑には毒がある」

 

気づいたら100円ならとお金を入れるわたしがいた。

 

f:id:yukki_tkmr:20190608133714p:plain

 

デデーン!!!

 

f:id:yukki_tkmr:20190608133819p:plain

こうやって次のゲームへと誘導するのか、初心者ハンターめ!と思いつつ次のゲーム台を探す自分がいた。

 

隣にはワニワニパニックがドンッと置かれている台があった。ワニの歯をうまく押して口が閉じれば、カップ麺が3つもらえるというシステム。

 

f:id:yukki_tkmr:20190608133842p:plain

 

「なるほど、運ゲーか」

 

ということで早速プレイ!

 

f:id:yukki_tkmr:20190608133722p:plain
 

なかなか狙いを定めるのは難しいが、10本中6まで制覇した。むしろ中々に運が悪い。格闘の末、1つ500円くらいするカップ麺をゲットすることができた。

 

f:id:yukki_tkmr:20190608133801p:plain

 

いくら投資したのかは聞かないでくれ、泣いてしまうから。

 

こんな感じで、ゲームセンターとしてもかなり楽しめる空間になっている。

 

f:id:yukki_tkmr:20190608133752p:plain
 

他にもプリクラや音ゲー、ダーツやビリヤードも充実している。最上階には漫画カフェも!

 

「九龍城(クーロン城)」っぽくはないが、レトロで懐かしさを漂わせる内装からは落ち着きが得られる。

f:id:yukki_tkmr:20190608135707j:plain

https://www.enjoytokyo.jp/date/detail/1451/

 

今回トイレに行くのを忘れていたという究極のミスを犯したが、トイレも日本にはないくらいボロボロで朽ち果てた内装になっているようだ。清掃などはしっかり行われているので、あくまで演出だ。

f:id:yukki_tkmr:20190608135859j:plain

https://www.enjoytokyo.jp/date/detail/1451/

 

にしても、ここまで完全再現で「電脳九龍城(クーロン城)」を作り上げているスポットは他にはないと思う。一からここまで作り上げるには相当な「九龍城(クーロン城)」への思いれや愛がないと不可能だ。

 

こんなゲームセンターが通わないわけがない。時には脱出ゲームが開催されることもあるようだ。


ぜひ、「電脳九龍城(クーロン城)」で一緒にぷよぷよ対戦でもしよう。

f:id:yukki_tkmr:20190608133642p:plain

 

以上、ゆっきでした。