【シイタケ栽培日記①】~1週間も経たずに、成長し天に召された椎茸編~

 

やっほい、ゆっきです。

 

わたしは先日とあるツイートに心を動かされました。

 

 

早起きもできず、書き物のネタがなかなか出てこない...自己嫌悪に陥っていた時、ふと目にしたツイート。

 

わたしは気がついたら、既にamazonで購入ボタンをクリックしていた。ワンクリック購入って便利だよね。

 

何種類かしいたけ栽培キットには種類があっので、今回こちらを購入した

シイタケ栽培キット 【もりのしいたけ農園】

シイタケ栽培キット 【もりのしいたけ農園】

 

 
早速注文日から次の日には発送されてきた。

 

ドン!!!

f:id:yukki_tkmr:20190722142539p:plain

 

要冷蔵のようで、クール宅急便で届いた。クール椎茸って感じ。

 

警告ペンで「すぐに栽培を始めてください」みたいなことが書かれていて少し怖くなった。

 

f:id:yukki_tkmr:20190722142435p:plain

 

あぁ、迷惑メールで「今すぐ○○に振り込んでください。さもないと~」みたいな文章が送られてきた時の心境に近い。

 

しかし、わたしはその日妹の引っ越しの手伝いもあったのでサーキュレーターに直で当てて家を出た。冷蔵庫に入る大きさではなかった。

f:id:yukki_tkmr:20190722140916p:plain

 

帰宅後、キットを開封

あれから4.5時間経っていたので少し不安だった。

f:id:yukki_tkmr:20190722140958p:plain

 

何やら色々入っている。丸太を切り落としたような木と袋と説明書だ。

f:id:yukki_tkmr:20190722141137p:plain

f:id:yukki_tkmr:20190722141058p:plain

 

とりあえず、説明書に従いながら木を袋から取り出し軽く水洗いする。

f:id:yukki_tkmr:20190722140928p:plain

 

水に浸しておくようなので、水道を開けっ放しで約30分放置することに。

 

その後は、この栽培用の袋にいれて洗濯バサミで袋の感想を防くため軽く密封する。

f:id:yukki_tkmr:20190722141005p:plain

 

後は経過を見守るのみだ。

 

1日後には、木からポコポコと何か芽のようなものが見え始める。なんか気持ち悪いが、乾燥しないようにペットボトルの水を定期的にかけてあげる。

 

ちょwww凄まじいスピードで成長していくwww

f:id:yukki_tkmr:20190722140951p:plain

 

わたしはよく飲んでそのまま朝まではしご酒することが多いため家不在時が多いのだが、明らかに成長スピードがおかしいwwww

f:id:yukki_tkmr:20190722141103p:plain

購入してから1週間経たずして、きのこの形まで成長していた。

 

1日の中でも成長の変化がわかるくらいに、すげえ成長しているのだ(語彙力)

 

自分でも怖く、少し不気味に思えてきてしまう。

f:id:yukki_tkmr:20190722142437j:plain

 

説明書を途中でなくしてしまったために、収穫タイミングを完全に見失う。

 

そして、わたしは気づいてしまった。袋の底に溜まっている水が日々明らかにヤバイ色になっていることに。

f:id:yukki_tkmr:20190722141153p:plain

 

完全に茶色、ちなに無臭ではある。

 

そろそろマズイのか?と思ってamazonでググって収穫を試みた。

 

匂いは大丈夫!(二度目)

 

軽く根元を押さえてあげると、すぐに抜けてくれた。茎みたいな部分は健全な色をしている気がする。ただ、しいたけってこんな色だっただろうか。

f:id:yukki_tkmr:20190722141234p:plain

 

きのこ傘の後ろの部分が明らかに変色している気がするが、しいたけをスーパーで買ったことがないので本当の正解を知らなかった。

 

とりあえず結構な量を収穫してキッチンへ向かう。

 

ちなみに、レモンサワーのお供に深夜飯としてペペロンチーノを作ります。

 

パスポートと携帯とガイドブックとか全て失ったスペイン旅の帰り道、イタリアで買ったインスタ映えしそうなパスタみたいなものがあったことを思い出したのだ。

f:id:yukki_tkmr:20190722141315p:plain

 

ここに、あえるだけペペロンチーノに加えベーコンと収穫したしいたけをオリーブなどで炒めて盛り付けようという魂胆だ。

 

早速、収穫したしいたけを細かく切る。切ってる感覚は普通だ。

 

「試しに、少し味確かめてみようかな...

 

ベーコンと共存させて、ベーコンが嫌な思いをしないか少し怖くなったのだ。

f:id:yukki_tkmr:20190722143227j:plain

ただある程度の味付けで、しいたけは再生してくれるとわたしは信じて疑わなかった。

 

ちょっとだけ、齧ってみる。

 

「ゴフッ...」

 

「これはもう再生できない味な気がする。食べてはいけないと体がサインを出している」

f:id:yukki_tkmr:20190722143145j:plain

人間の本能なのだろうか、身体が受け付けない味をしているのだ。

 

わたしが、しっかりと寄り添ってあげられなかったから。怖いと目を背けてしまったから。しいたけは私のせいでこんな姿になってしまったのだ。

 

泣いた。

 

のちに、聞いた話によると傘の部分が茶色になってるのは失敗例らしい。普通は白いんだって。

 

失敗した要因は、収穫タイミングのズレや湿気が多すぎたことだろうと予測している。

 

泣きながらペペロンチーノを食べた。しいたけの木を眺めながら、悔しくて歯を食いしばった。

f:id:yukki_tkmr:20190722140847p:plain

ただ、しいたけは生まれ変わる。輪廻転成。収穫後にもう一度、木を水につけておくと再復活を遂げて新たな命を宿すそうだ。

 

まだ、過去のしいたけとお別れする心の準備ができていないので休息しているが、もう一度だけ許してもらえるのであれば挑戦してみようと思う。

 

わたし、もう逃げないから。

f:id:yukki_tkmr:20190722142434p:plain

以上、ゆっきでしたーww