【戦慄エンタテイメント】ゾンビキャンプに一泊二日参戦した話「俺のことはいいから先に行け!!!」


どうも~!!ゆっき(@yukie_takamura)です。

 

そろそろ夏のイベントのチケット販売が一気に始まりますよね~。早速、抽選に外れたりと大忙しです(泣)

 

今回は、夏に参加したイベントの中で一番強烈で最恐で最強だったイベントをご紹介します。


その名も

「ゾンビキャンプ」

 

このイベントいろんな意味でマジでヤバいです!!!!

f:id:yukki_tkmr:20190612150300j:plain

http://obakensan.com/


生きるか死ぬかという究極な場面で、

 

「俺のことはいいから、先に行け!」

「俺の分も生きろ愛してるよ」

 

という台詞、よく耳にしますよね!こんな台詞一度は言ってみたいな~と思いながら生きてきました。

 

わたしは、映画配給会社に勤めたりダッチワイフの映画作ったり、ゾンビについて研究し卒業論文を書くなど大の映画好き。
 

ゾンビサバイバルガイド

ゾンビサバイバルガイド

 
ゾンビの作法 もしもゾンビになったら

ゾンビの作法 もしもゾンビになったら

 

 

「ゾンビ」というホラージャンルは、王道ですよね。廃れずに愛され続けている。

f:id:yukki_tkmr:20190612150354j:plain

でも、やっぱりゾンビについて語るなら自分でも体験しないと相手の気持ちわからないよなと思って参加することにしましたw

 

前代未聞のリアルサバイバルキャンプを主催するのは「オバケン」さん。方南町でお化け屋敷を開催している団体さんです。

 

現在は、一軒家を丸々使用したリアルホラー脱出ゲームに近いお化け屋敷「畏怖 咽び屋」を開かれています。

マジで呪怨みたいな一軒屋、押入れとか隠れながら行動するスリルがたまらない!

obakensan.com

元々は、病院をテーマに背中のお札を取られないようにガチで暗闇を逃げ回るお化け屋敷をされていて、何度も通っていましたw

f:id:yukki_tkmr:20190612150111j:plain

ホラー映画を毎日見続けて、もの足りず心霊スポットを駆け巡るくらい「恐怖」のドキドキ感が好きなんです。リアルを追求してきたわたしが、今まで一番怖すぎて笑いが止まらないくらい絶賛するお化け屋敷です!

f:id:yukki_tkmr:20190612150208j:plain

これまでで一番最恐なエンタテイメントホラーを提供してくれること間違いなし!

 

ということで、ゾンビキャンプのレポートをしていきたいと思います!倍率がとにかく高いので、3年目にしてようやく叶った奇跡のレポートです。


(2017年に参加したイベントとなっております。毎年パワーアップしているので必見)

 

「ゾンビキャンプ」ってどういう感じなの?

f:id:yukki_tkmr:20190612152559j:plain

 

バス乗車時、配られたパンフレットにはこんな感じで概要が記載されていました

f:id:yukki_tkmr:20190612141844j:plain

 

わたし達は5人グループで参加し、3人の初めましての方と合流することに!

 

予告動画はこちら

youtu.be


共通ルールはこんな感じです↓

f:id:yukki_tkmr:20190612142025p:plain

「へんな村」に到着、明らかに様子がおかしい

f:id:yukki_tkmr:20190612152326j:plain

 

現地に到着、キャンプ場へと向かう途中

f:id:yukki_tkmr:20190612150434j:plain

おいおい…

f:id:yukki_tkmr:20190612152307j:plain

 

ゾンビに襲われたと思しき人の死体が転がっていたりと、すでに恐怖。

 

f:id:yukki_tkmr:20190612152350j:plain
 

f:id:yukki_tkmr:20190612152520j:plain

電話ボックスも倉庫の壁も血まみれ。怪しげな袋がぶら下がっているけど、完全にこれって、人(ry

 

こんな感じでセーフエリアに到着。先ほどとは一転、爽やかな音楽に自然が広がる。最初は各自、テントを立てて配布されたTシャツを着用。

f:id:yukki_tkmr:20190612160348j:plain

f:id:yukki_tkmr:20190612152505j:plain

 

完全にゾンビでる気配もなく、晴天のもとBBQ~!と言ったテンション。

 

「ゾンビキャンプ」を生きて帰るための説明が始まる!

 

トラックが何台か会場に入ってきて、怪しげな集団率いる軍曹が登場。ひたすら撮影してたら、軍曹に銃を突き付けられかけて焦り。

f:id:yukki_tkmr:20190612152745j:plain

 

早速「この中には感染している人がいる」と犯人探し。見つけた瞬間に銃声が響く。ガスマスクを覆った数名が、死体を難なく処理する。

f:id:yukki_tkmr:20190612152758j:plain

 

一気に、ゾンビ映画の世界観が我々を包み込む。
 

ミッションは過酷さを極めていたw

 

最初は、BBQに必要なマキ集めから始まった。宝もキャンプ場には設置されているらしい。

f:id:yukki_tkmr:20190612152840j:plain
 

セーフエリア内にも怪しげなものが落ちている。

f:id:yukki_tkmr:20190612152905j:plain

 

こんな感じで、第一のミッションがスタートした。

第一ミッション「車両に残された食料を入手せよ」

 

なんと、危険エリアにわたし達の夕飯の材料があるということで駆り出される。わたし達のグループには、ゾンビキャンプの常連で頼もしい青年がいた。彼のニックネームを「リーダー」と名付け、とりあえず作戦などすべて委託することにした。

 

思ったよりもミッションには坂が多い。運動音痴のわたしは死を覚悟した。動画は撮ったが、ブレブレ&「ぴょえ~~~」という叫び声しか残っていない。

f:id:yukki_tkmr:20190612160420j:plain

 

ゾンビが何体か出てきたが、動きは鈍く難なくミッションクリアと言いたいが

 

我らのリーダーがゾンビに襲われ、助けようと思ったがみんな見捨てるという結末に。そのまま、リーダーは戻ってこなかった。

 

一応、食糧は確保できた。

f:id:yukki_tkmr:20190612153120j:plain

 

メンバーが一人いなくなった状態で、夕飯の豪華なBBQがスタート

f:id:yukki_tkmr:20190612153040j:plain

 

f:id:yukki_tkmr:20190612153155j:plain

 

肉に魚に野菜とボリューム満点。ほろ酔いを持って、リーダーのことはすっかり忘れみんな飯に食らいつく。「魚の身がたっぷりで、うますぎ~~~」と完全にオフモード。もうすっかり日が暮れていた。

f:id:yukki_tkmr:20190612153241j:plain

 

第二ミッション「村民テントに残された武器」

f:id:yukki_tkmr:20190612153327p:plain

19時を回り、辺りは薄暗く木々はざわついている。満腹な中、新たなミッションがスタート。

 

f:id:yukki_tkmr:20190612160508j:plain


このミッションは、バリケードが重なっていてそれを早く超えないとゾンビに襲われる。もはや「SASUKE」状態。かなり身長的には届かない壁なので、誰かが押し上げないと超えられない。

 

f:id:yukki_tkmr:20190612153508j:plain
 

ここで、衝撃の光景を目にした。わたし達のリーダーがゾンビの集団の中にいたのだ。名前を呼んでも反応がなく、諦めるしかなかった。

 

平均台なども用意され、落ちるとゾンビの餌食だ。恐ろしかった。

f:id:yukki_tkmr:20190612154549j:plain

 

なんとか、乗り越えて拳銃を入手した。(フラグが立つ)

 

次のミッションまでは、いろいろなパフォーマンスを見ることができた。

f:id:yukki_tkmr:20190612153620j:plain

 

f:id:yukki_tkmr:20190612153633j:plain

 

「キャンプファイアーーーー!」火花がすごい。

 

第三のミッション「解明への手がかり」、暗すぎて何も見えないw

 

このミッションは「血清」を入手し、ゾンビの感染を食い止めようというイベントだ。

 

ここで先ほど入手した拳銃の出番がとうとうやってくる。暗闇の中、ゾンビにも囲まれ逃げ場がないという状況の時、拳銃を手にし…

 

「わたしがゾンビを引きつける、その間にみんなは逃げて!」

 

f:id:yukki_tkmr:20190612160537j:plain

 

拳銃のバンッという音に向かって一斉にゾンビが集まる。ゾンビに囲まれ、グッとという手だけが隙間から見える。そして、みんな名前を叫びながら涙をこらえ走り抜ける。

 

こんなワンシーンが本当にあったんです!完全に、映画で重要ポジション。

 

最終ミッションは24時スタート、深夜まで続いたw

このイベント恐ろしいことに、深夜まで続きます!辺りは真っ暗で完全に、どこで何がくるかわからない絶体絶命の状況。

f:id:yukki_tkmr:20190612154502j:plain

最終ミッションは、とにかくラスボス感があって素晴らしい。ぜひ参加して、あの臨場感と絶望感を味わってほしい!

敢えて、ミッション内容は伏せておくが今回一番ゾンビ映画に近い展開と迫力で世界観に圧倒された。

 

ミッション以外にも、セーフエリアにゾンビが侵入してきたり、

f:id:yukki_tkmr:20190612154323j:plain

他のチームでは、カップルで参加していたメンバーが一人感染。

 
彼氏が感染してしまったということで、彼女が泣き叫んでいる。周囲は「離れろよ!」というが、そんな言葉も虚しく彼女も噛まれてしまう。

f:id:yukki_tkmr:20190612153705j:plain

 

「わたしもすぐに感染します、だから誰かわたしを殺して…!」

 

と取り乱すチームメンバーを銃で撃たないといけない場面があったりと、ストーリーもしっかりしている。

f:id:yukki_tkmr:20190612154405j:plain

 

ミッションがすべて終了した後も、スペシャルイベントが開催されるなど大盛り上がり。ゾンビが、食用虫を食べ出し、そこら辺にいる虫も捕まえて食べていた時は戦慄した。参加者も希望すれば、食べることができる。女性が蔓延の笑みで虫を食べていた。

 

f:id:yukki_tkmr:20190612153753j:plain

2日目はゾンビアトラクションではっちゃけよう!

お昼頃まで、好きなアトラクションを体験できる時間が設けられていた。バギーに乗ったり、特殊メイクやスニーキングミッションなどアクティブ三昧!

f:id:yukki_tkmr:20190612153902j:plain

↑木の真似をしてゾンビから逃れようとするグループwww

 

そして、最後には「ゾンビプロレス」というカオスなショーを満喫したw各自推しゾンビを決めて、応援するというシュールな光景。

f:id:yukki_tkmr:20190612153833j:plain

 

あっという間の一泊二日だった。帰りたくないという思いが溢れる。ゾンビ達が下山中、見送ってくれて切なかった。バスの中まで見送ってくれたw

f:id:yukki_tkmr:20190612154007j:plain

f:id:yukki_tkmr:20190612154127j:plain

 

最後にわたしたちを思い出してくれたのか、リーダーがずっとこっちを見ていた。

f:id:yukki_tkmr:20190612154054j:plain

 

その後は、温泉に寄って汗を流して終了だ。こんなにクレイジーなサバイバルイベントは他にない!運営のスタッフさんもフレンドリー、毎年参加しているおばあちゃんもいた。

 

一人で参加する人、大学生やカップル、常連さんなどいろんな人が参加していた。グループメンバーとは新しい絆が生まれること間違いなし。

 

体力をつけたらもう一度、ゾンビキャンプに再参戦したい。ゾンビ映画の登場人物の気持ちを理解することができ、無事卒論も完成できた。

f:id:yukki_tkmr:20190612154203j:plain
 

最後まで、読んでくれてありがとう!


今年度のゾンビキャンプの応募が、第一弾は6月20日からスタートするので応募するしかない!詳細も、20日に公開されるようだ。

obakensan.com
キャンプ以外にもお化け屋敷のクオリティもガチなので、要チェック🤝!
このお化け屋敷のレポートもしていこうと思う。